11/9(金)ニジゲンフリークス ver:126 clubVIOLET

11/9(金)ニジゲンフリークス ver:126 clubVIOLET
Hashtag #ニジフリ紫

金曜深夜、アニソン原曲クラブイベント
ニジゲンフリークス!ver:126 club VIOLET!!

2018/11/9(Fri.)
20:00-02:00
at 松山サロンキティ

【ニジゲンフリークスclubVIOLET#とは】

愛媛県にて定期開催の最大手アニソン/コスプレクラブイベント!
VIOLET(ニジフリ紫とお呼びください)は土曜深夜開催。出演DJがアニソンを沢山かけます。
最前で盛り上がるも良し、後方で友人と語らうもよし、ロビーでコスプレ撮影もよしの自由なアニソン、コスプレパーティです。

開催概要

日程
2018/11/9(金)
会場
松山サロンキティ(アクセス)
入場料
男性¥2,000-
女性¥1,500-
(共に入場時ドリンク代として別途¥500-必要)
開催時間
open 20:00~close02:00(コス入場受付19:30~)
各種割引
コスプレ割
・女性コスプレイヤーの方
→入場料が無料になります!(1Drink代¥500-は必要です)
・男性コスプレイヤーの方
→¥500-割引になります!
11/2までにTwitterにて、#ニジフリ紫 タグをつけてキャラ名と共にコス告知をお願いします。
何度でもしていただいて構いません!多いほど盛り上がります^^
当日はTwitterアカウント名でディスカウントしますのでプロフィール画面をご用意ください。
県外割
→¥1,000-割引になります!
切符、高速道路の領収書など移動手段がわかる物、及び県外在住である証明ができる身分証明書(免許証等)を両方お持ちください。
学生割
→¥1,000-割引になります!
受付にて学生証をお見せください。
レイヤーの皆様へ

レイヤー様大歓迎です!女子更衣室のみご用意しております。もちろん無料です!男子は工夫してください^^(協力はいたしますのでご相談ください)
更衣室は楽屋内になりますので、たむろしないようお願いいたします。
ガイドライン・注意事項をご確認ください。

お荷物について

レイヤー様は特にお荷物多いかと思われます。ホール内、楽屋に放置されますと紛失などのトラブルが心配です。そんな方のためにコインロッカー(¥300-)をご用意しております。おっきくて入んないよぉ…という方は愛されて24年、信頼と実績の45㍑サロンキティゴミ袋クローク(¥500-)がご利用になれます。
受付のスタッフにお申し付けくださいませ!
もちろん一般のお客様もどうぞ!上着やカバンは預けておもいっきし楽しみましょう。

会場案内図

ニジフリではお客様のニーズに合わせてエリア分けを行っております。
会場内を走ったりされると大変危険ですのでご自分の好みにあった場所でお楽しみください。
なお、場内完全禁煙になります。入口外にある喫煙所をご利用ください。
会場案内図

コスプレ撮影/記念撮影エリアについて

1Fロビーにて撮影用ブースを設営しております。
コスプレイヤーの皆さま、ご自由にご利用ください。
1Fコスプレ撮影ブース
写真は過去のニジフリ緑の様子です。背景柄等は変更する場合があります。

タイムテーブル

確定したら発表します。

organizer

FITTさん

FITTさん
https://twitter.com/FITT590
持ち前の好奇心と計画性の無さでニジゲンフリークス!!、Numb.ROCK PARTY、MIXXX-UP!!!、柿の種ミュージックホール、HE@RT-BEAT!! 等数々のイベントを主催するライブハウス店長。
アニソンからSOULまで幅広く吸収したライブラリから、現場の気分と空気を自分勝手に解釈した偏った選曲でホールを沸かせる。
音楽、アニメ、旅、鉄道、廃墟、階段など引っ掛かりを覚えた物を節操無く取り込んだボーダーレスなライフスタイルは国の内外を問わず呆れられている。

SPECIAL GUEST

D-YAMA(MOGRA)

D-YAMA
当時21歳にして秋葉原MOGRAをオープンさせ、2009年から現在に至るまで秋葉原とクラブの2つのフィールドを舞台にMOGRA独自のカルチャーを牽引してきた秋葉原の新世代キーパーソン。
盟友DJ WILDPARTYらと共に全世界各地を飛び回り、DJにおける自由な考え方と楽しさ、そしてその可能性を広めた。
2013年11月には新木場ageHa全館を使用した大型フェス「あきねっと -秋葉原インターネット音楽祭-」を主催し2000人以上を動員。数多くの著名アーティストとMOGRAのファンたちを巻き込み、新木場ageHaというクラブにおける聖域で未だ他に例を見ない”秋葉原クラブイベント”を大成功に収める。
その後は「灼眼のシャナ」「ヨルムンガンド」などの主題歌を歌う川田まみのバックDJを務め、アニソンシンガーのクラブスタイルのライブを提唱。世界各地、アルバムリリース全国ツアー、そして引退ライブまでを川田まみ専属DJとして共に活動。アニソンDJ&アニソンシンガーというライブスタイルの先駆けとしてその後のライブスタイルへ大きな影響を与えた。以降も川田まみが所属した音楽クリエイター集団”I’ve”と共に活動し、リミックスアルバム&MIXCDにてDJMIXなどを手掛けている。
2014年に行われた”でんぱ組.inc”の「ワールドワイド☆でんぱツアー2014ファイナル」では1万人以上の観客で埋まる日本武道館を舞台に行ったDJプレイが高い評価を集め、2017年1月”でんぱ組.inc”「幕神アリーナツアー2017ファイナル」にて二度目となる日本武道館でも堂々たるDJプレイで観客を熱狂させた。
DJプレイではリリース最初期から愛用しているPioneer DJ 「rekordbox」とCDJ&DJMシリーズ使用。これらを武器にジャンルレスなDJプレイを最も得意とし、Pioneer DJのデモンストレーター、更にはrekordboxセミナーの講師としての活動も長く、こういった仕事でも全国各地へと足を運んでいる。もはや店長としての職務が務まっているか甚だ疑問。

GUEST

和丸(AniBeats / HE@RT-BEAT)


2010年より活動を開始、以後高知を中心に活動。好きなものは何でも取り入れ、作品やキャラへの愛を叫ぶマイクパフォーマンスは、フロアから一定の共感を得ている(※自分調べ)

釜食ましゃ(Girlsユニコーン/過剰摂取)


地元高知を中心に県内外で活動する。アニソン、ボカロを中心にelectroやbassmusicなどの要素を取り入れ、独自の世界観を作り出す。高知の女性ならではな感性、パワフルかつ繊細なMIXで会場を沸かす。
最近は乙女向け楽曲を中心としたプレーで、乙女達のゴリラ化を促進させる事を目的としたプロジェクト「はぐくむゴリラ愛のちから2018」に密かに取り組んでいる事を誰も知る由もない。

こんにゃく(空想DD/松山外道)

CV:花守ゆみり
アニメ、エロゲ、声優等、好きなものを混ぜ込んだ闇鍋的MIXが得意。
とっ散らかったプレイは「自分が楽しくないと、お客さんも楽しくない」を信条としており、
会場の誰よりも楽しんでいる典型的コンテンツ型DJである。

buzz(コントナイト)

buzz
余裕の三十路越えでDJ活動をスタート。J-POPからV系、Breakcoreまで様々な音楽をを好み、出演イベントも多岐にわたる。
最近は専ら乙女向けコンテンツを浅く掘っているが、推しというより息子が増える一方であり、溢れる母性により私生活の潤いがビシャビシャ。

ニジゲンフリークス!! CREW